30代は体が変化する時期で髪の毛にも影響が出やすい

“女性も30代に入ってくると、少しずつ体の調子が変わってきます。
髪の毛も同様で、以前よりもハリがなくなってきたり、抜け毛が増えたり、あるいは白髪が目立ってくる場合もあります。

体調の変化とともにストレスを受けやすくなっている可能性もあります。
20代の時のように無理が効かなくなってきていることを自覚し、早めのケアを行うようにしたいものです。

30前後で体調が変わる

女性の厄年は31から33歳と言われています。
特に33歳は大厄で体の変化で体調を崩しやすいので、十分に注意が必要です。

他にも30代後半にも厄年がやってきます。
33の時ほど大きな厄ではありませんが、やはり体調管理には気を付けたいものです。

このように女性は昔から言われているように、30代は20代までとは違い、体が変化していく年代です。
時代は変わっても、体の変化は自然現象なので昔と同じように気を付けてくことが必要です。

若い時を基準にせずに、今の自分の体調を知り、それに合ったケアを行っていくようにしましょう。

髪の毛にも変化が現れる

30代になると、体調の変化だけではなく、様々なストレスや疲れで髪の毛にも悪影響が出てきます。
ここできちんとケアをしておけば、40代、50代になっても、健康な髪の毛を保ちやすくなるでしょう。

毎日のヘアケアのためには体の内側からも十分にケアをしていくことが大切です。
髪の毛は爪や肌と同じようにたんぱく質で出来ています。

その為、良質なたんぱく質を摂るようにすることが大切です。
タンパク質が不足してくると、髪の毛がパサついたり、潤いがなくなり、薄毛や白髪などの原因になってしまいます。

女性の薄毛対策ブログ

また、昆布や黒ゴマなども黒い食べ物が髪の毛に良いと言われています。
しかし、これは個人差があるので、効果がありそうならば続けると良いでしょう。

まとめ

ストレスは心身の体調を悪くしてしまいます。
髪の毛も同様で悪影響を受けてしまいます。

また、不規則な生活習慣や栄養バランスの偏った食生活、喫煙なども髪の毛に悪影響を与えます。
日頃から時間に追われ、ストレスが多い生活をしているならば、特に要注意です。

早めにストレスを解消できる方法を見つけ、1日の中で短くても良いので自分だけの時間を作るようにしましょう。
そこで、自分を労わり、解放してあげるようにしていきたいものです。”